大切な記念を残す|七五三の衣装は撮影スタジオでレンタルしよう
スタジオ

七五三の衣装は撮影スタジオでレンタルしよう

大切な記念を残す

婦人と乳児

赤ちゃんが生まれて一ヶ月を過ぎた頃には、お宮参りをすることが日本では習わしとなっています。男の子は、生後31日、女の子は生後33日に行くことが主流となっているようです。しかし、住んでいる地域によっても、お宮参りに行くタイミングは異なります。男女の性差によっても神社へ行くタイミングは違ってくるケースもあります。例えば、関西のある地域では、女の子の方が早くお宮参りに行くといいます。女の子が少しでも早くお嫁に行けるように願いを込めて、男の子よりも先にお宮参りに行くようになったといわれています。また、生まれてから100日のタイミングでお宮参りをする地域もあります。まずは、おじいちゃんやおばあちゃんなど家族や親戚に尋ねてみることをおすすめします。しかし、風習に関わらず、個人のタイミングで決める場合もあり、さまざまなスタイルに変化しているのが現状だといえます。お宮参りに行くタイミングが決まれば、写真撮影をする手配を行ないたいものです。近所の撮影スタジオに問い合わせて、予約をすることをおすすめします。お宮参りは、一生に一度の大切な行事になります。赤ちゃんはもちろんそのときの記憶はないですが、正式に写真に残してあれば、後から見ることでさまざまな思いを馳せることができます。初めての家族そろっての正式なお出かけになるといえますので、思い出になります。子供にとって、行事を収めた写真は、自分が両親に大切に育ててもらっているという大事な証にもなるのです。そんな貴重な瞬間は、プロのカメラマンに撮影してもらって、写真にして残しておきたいものです。撮影スタジオに行って写真を撮影してもよいですし、最近では神社に出張して撮影してもらうケースも増えているといいます。